栃木県フィルムコミッションは映画、テレビドラマ、CMなどのあらゆるジャンルのロケーション撮影を支援します。

栃木県 フィルムコミッション栃木県 フィルムコミッション
今ココ!

栃木県フィルムコミッション トップページロケ実績一覧銀魂

ロケ実績

the record of location

巴波川沿い遊歩道撮影風景
▲巴波川沿い遊歩道撮影風景

おおひら郷土資料館内撮影セット
▲おおひら郷土資料館内撮影セット

巴波川沿い撮影風景
▲巴波川沿い撮影風景

映画 銀魂

公開日
  2017年07月14日
制作
(配給/放送)
  ワーナー・ブラザース映画
関連URL
  映画「銀魂」公式サイト
紹介コメント
  映画「銀魂」

小山市出身の福田雄一氏が監督を務めた作品。福田監督は、ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズなども手掛け、今話題となっている監督です。

【公開日】2017年7月14日(金)

【出演】小栗旬、菅田将暉、橋本環奈 他

【監督】福田雄一

【原作】空知英秋

【ロケ地】
栃木市/おおひら郷土資料館(白石家戸長屋敷)
     塚田歴史伝説館、巴波川沿い遊歩道

【ロケ情報】
 おおひら郷土資料館では「鍛冶屋」での撮影をしました。銀時(小栗旬)と村田鉄矢(安田顕)の掛け合いシーンは、迫力満点!
 塚田歴史伝説館横の巴波川沿い遊歩道では、銀時(小栗旬)、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)、土方(柳楽優弥)が将軍のペットである“瑠璃丸”を追いかける撮影(映画冒頭のかぶと虫狩りのシーン終盤)をしました。
 また、館内では映画PR用の「銀魂音頭」の撮影をし、蔵の街に、元気な歌声が響きわたりました。

【作品内容】
 単行本発行部数5000万部を突破する週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」を実写化。
 製作費約5億円の大作となっています。
 舞台は江戸時代末期なのに、街には高層ビルが建ち並び、空に飛び交う無数の宇宙船。
 SFと時代劇がミックスされた混沌とした世界に、人情、笑い、そして派手なアクションが怒涛のように繰り広げられる...。
 誰も見たことがない、でも誰が見ても面白い、全く新しいジャンルの映画の誕生。

※とちぎ県ロケ地マップVol.7「銀魂特集号」を発行しました。

 
栃木県産業労働観光部観光交流課 E-mail:mail@tochigi-film.jp TEL.028-623-3308 FAX.028-623-3306
All Rights Reserved,Copyright(C)2006.Tochigi Prefecture  各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。